西沢整形外科クリニック 院長ブログ

命が大切 それだけのこと

2018/4/6

あれほど騒いでいた、モリカケはどこへいったのか。

ワイドショーの事である。

取材もしないで、寄せ集めたカスネタを仰々しく垂れ流している屑である。

今日は、大相撲とオフィス北野ばかりである。

大相撲については、私がいつも言っていること。あれはスポーツと違うんである。ただ公益財団法人だから、女性を土俵にあげなという女性差別に見える慣習は問題と考える。興業なんだから、一般社団にして独自の道を歩かせればよい。

今回の意識を失った市長を、でくの坊の集団が見つめるだけだったわけで、命と伝統(笑)のどちらが大切か明らかだ。ひたすら地位と銭を守るだけの集団に自浄作用はないだろう。

スポーツか見世物かはっきりさせれば決着するのではないか。

ただし、日本が女性を見下した社会かと言えば、違うと言いたい。

天照大神は女性である。女人禁制の山は、体力の乏しい女性をいたわるためと言えるだろう。土俵に上がれないことが女性差別という議論には与しない。

今日、土俵の下で「土俵に上がれずに悔しい」と言い放った宝塚市長。巡業観に来た客はあんたの泣き言を聴きに来たんじゃない。選挙活動せんといてくれ。ほんまに相撲が好きならば、土俵に上がりたいなんて言うとは思えない。男の私でも、おいそれとあがる場でないと感じるところですよ。

便乗するんじゃねぇ。

そして、救命措置をされた女性たち。最高にかっこよかった。非の打ちどころなし。救命救急の講習会に使いたい映像でありました。それにひきかえ・・・

西沢整形外科クリニック院長ブログ
西沢整形外科ページトップへ